不動産についての基本的な知識を丁寧にわかりやすく解説するサイト『不動産取引の基礎知識』

●●●不動産取引●●●

【不動産を買う】

不動産を買うと一言でいっても様々なケースがあります。
新築マンションや分譲一戸建て、中古でもマンションや一戸建てがあります。
他にも不動産として土地だけを購入する場合もあります。
これらは普通に住居として購入する場合の不動産ですが、会社や事務所として不動産を
購入する場合もあります。
不動産を購入する際は不動産会社を利用すると、購入にあたりいろいろとアドバイスして
くれますから非常に便利です。

【不動産を借りる】

アパートを借りている、マンションの一室を借りている、借家に住んでいる人など、
不動産を借りている人は結構多いです。
不動産を借りる際には不動産会社を利用して契約をするケースがほとんどです。
自分の希望する物件を探してもらい、見つかったら物件を不動産会社を通して

見せてもらい、 気に入ったら契約をします。
大家さんと直接交渉して不動産を借りるという場合もありますが、ほとんどの場合
不動産を管理しているのは不動産会社になりますので、不動産会社と契約者間の契約と
いうことが多いようです。
また駐車場も不動産に当たりますので、こちらでの利用者も多いと思われます。

【不動産を売る】

不動産を売却したいと思っている人は、その物件がいくらで売却出来るかの査定を
行わなければなりません。
査定というのは、その物件が現在どれくらいの価値があるのかということを
調べることを言います。
建物ですと購入したときよりも価値が下がっていることの方が多く、居住年数や
不動産の状態に応じて査定価格は変わってきます。
また、査定価格は不動産会社にもよって変わりますので、ひとつの不動産会社だけでなく、
いくつかの不動産会社で査定をしてもらいましょう。
査定価格が自分が希望する価格ではなかった場合はすぐに応じず、なぜそのような価格に
なるのかということも確認すべきです。


【不動産の販売価格】

不動産を買い取ってもらう場合には不動産を査定してもらい、その価格を参考にして
販売価格が決められます。
この不動産の販売価格は、査定価格と同じではありません。
たとえば査定価格が2000万円だった場合に販売価格が2500万円になったとします。
この差額の500万円というのは、不動産売却にかかってくる諸費用や税金、
そして不動産会社の手数料などが含まれます。
ですから販売価格で不動産を買い取ってもらえるというわけではないので、
そのあたりを注意しておいた方がいいでしょう。
不動産の販売価格に含まれている税金ですが、これは不動産を売却したときには
所得税や住民税がかかることがあるからです。
不動産を売却する場合に販売価格が確定したら、税金についても確認しましょう。
そうすれば不動産売却にかかる費用がきちんと明確になりますから安心して不動産を
売却することができます。