不動産についての基本的な知識を丁寧にわかりやすく解説するサイト『不動産取引の基礎知識』

●●●不動産会社●●●

【不動産会社とは】

不動産会社というのは不動産関係のプロで、不動産を売買する場合にはお世話になる
ことが多いと思われます。
不動産会社によってサービスや取り扱っている不動産の種類も違いますので、
自分の利用目的に合わせて不動産会社を使い分けましょう。

【不動産会社の種類】

不動産会社によって取り扱っている不動産物件が違いますから、自分が探している
物件によって不動産会社を使い分ける必要があります。
まずは分譲会社と呼ばれる不動産会社があります。
これは買い取った土地に家を建て、住宅地として分譲している不動産会社です。
新築住宅の販売だけでなく、土地のみ販売もしています。
そして買い取り不動産会社というのもあります。
買い取り不動産会社は、中古のマンションや一戸建てを買い取り、それを販売している
不動産会社です。
そして不動産の所有者と不動産をほしいと思っている人の間に入り、仲介手数料をとって
いる仲介業者の不動産会社があります。
このように不動産会社には種類がありますから、自分の目的に合わせて不動産会社を
選ぶ必要があるのです。

【チェーン展開している不動産会社】

不動産会社の中には、全国にチェーン展開をしているような不動産会社もあります。
チェーン展開している不動産会社のメリットは、広範囲で不動産物件を探してもらえる
というのが挙げられます。
全国にある支店と連絡を取りながら、希望の物件を探してもらうことができます。
また、規模が大きく認知度が高い不動産会社が多いですから、安心して任せられることも
メリットの一つです。
デメリットとしては、会社で統一されているマニュアルなどがありますからあまり融通が
利かない、営業がしつこかったりくどいということもあります。
営業のノルマがある不動産会社もあるようですから、その点はデメリットになるかも
しれません。

【地域密着型の不動産会社】

地域密着型の不動産会社のメリットとしては、やはり地域の不動産情報に詳しい事
ではないでしょうか。
また地域密着型の不動産会社は大家さんとも密にコミュニケーションがとれている
場合が多いですから、広告などに掲載されていないような掘り出し物に巡り合うことも
期待できます。
また大手の不動産屋とは違い、融通がききやすいということもあります。
デメリットとしては、その地域の不動産情報は詳しく紹介してくれるのですが、
遠くの物件や自分のエリア外の不動産物件などは取り扱いがなかったり、取り扱って

もらえない場合が多いということが挙げられます。

【不動産会社の営業マン】

不動産会社の良し悪しは営業マンによって決まるといっても過言ではありません。
大手の不動産会社でも小さな不動産会社でも、営業マンの人柄がよかったり接客態度が
良ければ、それだけお客さんも物件も集まります。
また、大手だからいい営業マンが多いとか、小さい不動産会社だから悪い営業マン
ばかりということはありません。
たとえば契約をせかす不動産の営業マンや、時間を厳守しなかったり、めんどくさがって
不動産を案内しないような営業マンは、あまりいい営業マンとはいえません。
また、物件のいい点しか紹介しないで欠点を隠すような営業マンや不動産会社も
信用できません。
その物件のいい面も悪い面もしっかりと説明をしてくれ、何でも話せて相談できるような
信頼のできる営業マンのいるところを探しましょう。