不動産についての基本的な知識を丁寧にわかりやすく解説するサイト『不動産取引の基礎知識』

●●●不動産投資●●●

【不動産投資とは】

不動産投資というのは、利益を目的に不動産の売買をすることです。
マンションやアパートなどの不動産物件を買い、その物件を他の人に貸して賃貸収入を
得たり、また転売して売却収入を得るといったことです。
不動産投資にもリスクがありますが、リスクはどんな投資にもつきものです。
ですが不動産投資は金額が大きくなりますので、特に注意が必要です。
不動産投資というのはデフレに弱くてインフレに強い特徴があるので、その特徴を
あらかじめ理解しておくことも必要です。
バブルの時代のように不動産投資をして儲かるというのはもう夢のような話かも
しれませんから、過剰な期待はせず慎重にならなければいけません。

【不動産投資のメリット】

不動産投資のメリットについて紹介したいと思います。
不動産投資のメリットというのは、やはり家賃収入など安定した収入を得ることが
できるということではないでしょうか。
売却収入で利益を得たいと思っている人の場合には安定した収入は期待できませんが、
家賃収入目的で不動産投資をしようと考えている人の場合には、空き部屋になっていなければ
毎月決まった家賃収入があります。
また不動産投資のメリットとしては、土地の場合には資産として残るというのもあります。
不動産投資をする際にきちんとその不動産のローンを完済してしまえば、土地 や建物が

資産になって残りますからこの先も収入源になります。


【不動産投資のデメリット】

不動産投資のデメリットについて紹介したいと思います。
家賃収入で利益を得れば毎月決まった金額がもらえますから、この不動産投資をすれば
安心だと思う人も多いかもしれません。

ですが、この家賃収入での不動産投資にもデメリットはあります。
不動産投資のデメリットとしては、もしも所有している不動産に空き部屋が出てしまった

場合、その部屋は家賃収入が発生しないということが考えられます。
また家賃も毎月決まっているとは限らず、家賃が極端に下がってしまうこともあります。
特に空き部屋が増えた場合などには家賃を下げざるをえませんから、それによって
家賃収入の額が下がってしまうというデメリットがあります。
また、家賃滞納をする入居者が出るリスクもあります。
建物に関するデメリットとしては、天災などによって物件にもしものことがあった場合には
建て直しなどが必要になったり、建物が古くなってしまったときには修繕する必要が
出てくる場合もあります。